HOME>オススメ情報>住宅によって違いがあり一戸建てやマンションの耐火構造も関係

耐火構造で違い

握手

日常生活で加入している保険の中でも火災保険などの内容は検討して決めていくことで、いろいろな比較ができるようになります。一戸建てからマンション、持ち家なのか賃貸なのかによって違いがあり、耐火構造になっているかどうかもポイントとなっています。火災保険の内容には火災や破損などの他に水害などのトラブルまでカバーするとなると、木造一戸建てが高く2万円を超えるのが相場です。耐火構造になっている住宅では1万円くらいなので、約半分くらいに抑えられるのも違いがはっきりしているといえます。賃貸の場合は広さに応じて変わりますが、おおよそ5000円から1万円以内ですむことが多いので他と比較すると安いのがわかります。

フルカバーの補償

書類

生活において安心できる保証がついている火災保険の種類はそんなに多くはありませんが、内容を把握して比較検討してみる価値はあります。一般的には建物と家財が主な対象となっていて、火事などの突発的なことの他に水災や風災、破損なども含めて損害を補償してくれる内容となっています。フルカバーしてくれる内容になっているものから、チョイスして選ぶことができるので、どの補償でカバーするのかを検討することができるのも火災保険の特徴です。

地震特約も人気

住宅模型

火災保険には大きな違いがありませんが特約内容がいいケースもあるので、そこは選ぶためのキーポイントとなります。例えば施設賠償責任特約では建物が破損して壊れていることが原因で、ケガをしてしまった場合は保険が適用されるのも可能です。近年は地震特約などをつける人が増えていることからも、地震や津波などの被害でも補償してくれる内容になっているものは人気があります。これからのことからも、比較検討をして正しく火災保険を選ぶことは大切なことになり安心できる生活を描けます。

広告募集中