HOME>トピックス>建物の災害に対する価値が高い場合には費用が下がる

目次

特約で比べる

火災保険を比較検討する場合には気をつけなくてはいけないポイントがあり、基本的な補償範囲は家財からみた金額がどのくらいになるのかを知ることです。損害保険のひとつになるのが火災保険ですが、火災や落雷、爆発に破損などが基本的な補償内容としてついています。比較をするときには特約がどのようなものがあるのかで選ぶこともありますので、損害補償される内容はとても重要なポイントなのは言うまでもありません。どのようなときに火災保険がおりるのかというと、事故と認定されるケースでは間違いなく補償されるので安心できます。

耐火構造のケース

火災保険の比較には建物によってかかる費用に違いがあり、ワンルームと3LDKでは部屋の広さが違うので大きく変わってきます。賃貸のワンルームでは5000円くらいですが広くなると1万円を超えることになることから、広さを重視してみてみることです。また耐火構造になっている住宅かどうかも比較するポイントなので、火災になったときに耐火構造かどうかは建物の価値を左右することになります。自然災害を想定した地震では別に特約で契約をしなくてはいけないこともあり、考慮して選ぶことが火災保険の選び方といえます。

広告募集中